『遊戯王オフィシャルデータベース ドローシミュレーター』を Chrome Extension として公開しました

タイトルの通り、遊戯王オフィシャルデータベースにドローシミュレーターを追加する Chrome 拡張を開発しました。遊戯王ニューロンに存在するドローとマリガン機能を Web 版にも追加できる拡張機能となっています。

インストール

動作イメージ

拡張機能を導入したあとに公式データベースのデッキ表示ページにアクセスすると『5枚ドロー』と『+1枚引く』ボタンが追加されます。

基本的には遊戯王ニューロンと同じつくりになっているため、デッキ枚数が尽きるまでドローし直すことが可能であり、5枚ドローはすべてリセットしての再抽選(マリガン)となります。

インストール方法

内容としてはこの記事とほぼ同じですが、一応紹介用のWebページを作ったのでこちらよりどうぞ。

https://ygo-db-draw-simulator.web.app/

背景

昨年秋ごろから遊戯王を遊びはじめ、今もだいたい毎週大会に参加しているような状態なのですが、ポケモンでも受けループを使うような性格上、確率と運をコントローラブルにしたいたちで。

確率の信奉者たるもの確信を持てない中曖昧に構築したくもないことから2枚以上の初動に対応した計算機なんかも自分で見繕っているのですが、展開途中でドロー効果を持っているカードで +1 引いた場合の動き方の確認や、あるハンドのバリエーションで《金満で謙虚な壺》をツモっている場合に 3 or 6 どちらで打つか。あるいはそれぞれで打ったときにどういう捲れ方をするか。といった細かな部分を確認するときは、ニューロンのためしドローに頼っていた部分があります。

ただ、調整とためしドローのイテレーションをスマホで回すのはちょっと億劫ということもあり、 PC だけで完結する範囲でためしドローできてしまえるともう少し楽かな。というモチベーションで開発に至った次第です。

Special Thanks!

拡張機能のアイコンは、@patioglassに描いていただきました。

普段使っている Twitter アイコンも描いていただいたり、いつも素敵なイラストを提供いただいていて本当に頼りになっています……!